適度な運動が身長を伸ばす。

適度な運動が身長を伸ばす。

子どもの身長を伸ばすには、どんな運動をどのくらいやればいいかわかりますか?

 

また、子どもにとって運動はどれくらい大切なんでしょうか?
赤ちゃんがハイハイから始まり立てるようになると歩く楽しさを覚え
走るようになります。

 

それにともなって骨も丈夫になり身長も伸びてきます。小学生に上がるまでは
子どもはたくさん遊びます。

 

体を動かすのが楽しくてしょうがないのです。

 

スポンサーリンク

 

ところが小学生くらいからゲームを覚え運動の楽しさを忘れてしまいます。
また、塾通いがはじまり時間がない、公園もいろんな規制があり自由に遊べない、
自然の遊べる場所がないなどの理由もあるかもしれません。

 

子どもの身長を伸ばすために適度の運動は欠かせません。
運動不足の子どもは食欲がなく、夜なかなか寝ることができず、その結果、
朝食も食べずに学校へ行き1日中ボーッとしてまた1日中運動不足で終わってしまう。

 

これでは子どもの身長どころか成長にブレーキをかけることになります。充分に体を動かすと、食欲が増え熟睡できます。

 

そうすると、翌朝スッキリと目覚めることができ朝食も充分にとることができます。

 

運動の種類 

 

子どもの身長を伸ばす運動に適しているのは簡単に言うと、食欲を出して熟睡することができある程度、骨に縦方向に圧力がかかる運動がおすすめです。

 

具体的にはジョギング、なわとび、ダンス、バスケットボール、バレーボールなどがいいでしょう。

 

しかし、好きでもないのにこれらの運動を身長を伸ばすためだけにやるのはおすすめできません。

 

身長を伸ばすには心の安定も必要ですから、子どもの好きな運動を選ばせましょう。
また、消耗の激しい過度の運動は身長増加の止まってくる高校生になってからすすめるよにしてください。

 

骨の発育には適度の運動によって縦方向の圧力がかかることが必要です。
しかし、圧力が強すぎても(重量挙げなど)骨は縦にに伸びにくくなります。

 

過度の運動は悪影響だけです。

 

子どもにとっての運動の目的は身長をのばすためにやるのであってスポーツでいい成績を残すのが目的ではありません。

 

運動のしすぎで疲れはてて、ろくに食べずにジュースだけ飲んでバタンキューでは身長が伸びないどころか健康に問題がおきてしまいます。

 

子どもには、いつも楽しく運動をさせるようにしましょう。

 

最後にこれだけは子どもにまもらせてください。

 

朝食はちゃんと食べさせる。
テレビやゲームは2時間以内。

 

良い生活習慣は子どもの身長の伸びかたを左右します。

 

スポンサーリンク

関連ページ

子どもの身長はもう伸びない?
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 でも諦める必要はありません。
身長を伸ばす簡単な5つの方法
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 あなたの子どもにあった方法を紹介します。
身長を伸ばすための必要な栄養素は?
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 あなたの子どもにあった方法を紹介します。
愛情が身長を伸ばす。
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 あなたの子どもにあった方法を紹介します。
子どもの身長をサプリメントで伸ばす!?
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 あなたの子どもにあった方法を紹介します。