子どもの身長はもう伸びない?

子どもの身長はもう伸びない?

 

 

男の子は、だいたい12歳から14歳ころが身長が伸びる時期になります。もちろん個人差はありますが男の子は女の子より思春期に入るのが2年ほど遅れます。

 

つまり、男の子は女の子より、子ども時代が長く思春期の身長の伸びも良いため、女の子より身長が高くなります。

 

いっぽう女の子の身長は10歳ころから伸び盛りに入ります。胸がふくらみ始める時期になります。12歳半で初潮を迎え、その後はあまり伸びなくなります。

 

スポンサーリンク

 

女の子は男の子より2年くらい早くおとなの体になり、骨が固まるため、身長は最終的に男の子よりだいたい、13センチくらい低くなります。

 

子どもの身長の低い高いは、両親の身長の影響を受けますが、身長は遺伝だけで決まってしまうものではありません。

 

両親の身長が高くても子どもが低身長の場合もあります。また、両親の身長が低くても子どもの身長が高いこともあります。

 

このように遺伝意外の、自然環境、栄養、生活環境、睡眠、運動、病気などといった、いろいろな条件が子どもの身長に影響を与えます。

 

さらに両親の愛情といった目に見えない要素も子どもの身長の伸びかたに大きな関係があります。

 

最近の子どもの身長は欧米人に追いつくとこまできましたが、「うちの子は他の子にくらべて身長が低いのでは?」と心配されてる親もたくさんいます。

 

たしかに日々の生活のなかに、身長を伸ばす働きの邪魔をするような原因がたくさんあるのも事実です。

 

それらの身長の伸びを邪魔する原因を取り除くことができれば身長を伸ばすことができます。

 

日本人の栄養状態は、国全体で見れば、かなり良くなっています。しかし、数々の「ひずみ」が生じて日本人の身長の伸びに悪影響を与えています。

 

特に、一生のうちでもっとも身長の伸びる子どもの成長時期にスナック菓子やインスタント食品を多く食べたりする偏食やテレビの見すぎ、ゲームのやりすぎや塾通いなどによる睡眠不足は子どもの身長の伸びにストップをかけるようなものです。

 

また、こちらでも紹介したような遊び場の不足やゲームのし過ぎによる運動不足、いじめや家庭崩壊などによる心の不安定、どれをとっても子どもの成長を妨害するものばかりです。

 

 

このように「子どもの身長を伸ばす」と言っても、いろんな要素が絡み合って、それらが上手く組み合わされることで子どもは成長し子どもの身長を伸ばすことができます。

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

身長を伸ばす簡単な5つの方法
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 あなたの子どもにあった方法を紹介します。
身長を伸ばすための必要な栄養素は?
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 あなたの子どもにあった方法を紹介します。
適度な運動が身長を伸ばす。
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 あなたの子どもにあった方法を紹介します。
愛情が身長を伸ばす。
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 あなたの子どもにあった方法を紹介します。
子どもの身長をサプリメントで伸ばす!?
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 あなたの子どもにあった方法を紹介します。