子どもに勉強部屋は必要?

子どもに勉強部屋は必要?

あるテレビ番組で子どもはリビングで勉強をさせたほうが集中でき成績も上がる。

 

と放送されてから、子どもをリビングなどの家族が集まる場所で勉強をさせる家庭が増えてきました。

 

私の家でも自分の部屋を準備してくれたのは私が中学生になったころです。

 

しかし、自分の部屋は自分の勉強道具や私物を置く部屋で宿題などを済ませる勉強というのは、いつも家族があつまる居間でやっていました。

 

スポンサーリンク

 

居間では弟や妹が普通に遊んでいたり台所では母親が食事の準備をしたりで、いろんな音がしてました。

 

しかし、不思議に集中して勉強がはかどっていました。

 

逆に言うと静かな部屋では落ち着けなくて集中できなかった記憶があります。
しかし、最近では小学生くらいになると自分専用の部屋を提供する家庭も増えてきています。

 

親自信が子どものころ、自分の部屋というものに憧れがあったけど、自分の部屋を持てるほど家が広くなくあきらめた経験から自分の子どもには部屋を準備したいと思う親心なんでしょう。

 

最近では携帯のゲーム機などを小学生くらいから手にする家庭が多くなりリビングでゲームなどをやっていると親に叱られるので自分の部屋で隠れてゲームなどをやりたいと考える子どもには好都合です。

 

だからと言って子どもに自分専用の部屋を準備してはいけないと言っているわけではありません。あくまでも子どもに集中して勉強をしてもらうためリビングでの勉強をすすめています。

 

リビングで勉強をすることで子どもにも、そして親にも大きなメリットがあります。

 

わらないことは、すぐに親に聞ける、もちろん宿題の答えを教えてはいけません。問題の解き方をアドバイスする程度にします。

 

誰もいない部屋に1人でいると、以外と不安になって集中できない子どもも多く、家族がいるリビングでは「不安もなく落ち着ける」という子どももいます。

 

またリビングで勉強させる親としては子どもが苦手とする教科や得意な教科を知ることができたり、勉強に身が入ってないようなら、「ここまでできたらお父さんと遊ぼう」などと声をかけることで子どもにやる気をおこさせることもできます。

 

また、子どもの勉強の内容を家族の話題の中に取り入れることで、学習内容を広げることができ、子どもとの会話も同時に増やすことができます。

 

子どもに自分の部屋を提供するの大学生になってからでも充分だと思います。

 

スポンサーリンク

関連ページ

子どもの国語力を伸ばす。
子どもの国語力を伸ばすには普段の会話がとても大事です。
大河ドラマで歴史通になる。
大河ドラマで歴史の勉強ができます。