個性的な習い事は子どもを伸ばす。

個性的な習い事は子どもを伸ばす。

他の子どもがやっていない世間ではマイナーとよばれる習い事が意外に子どもの能力を伸ばしたり変化のはげしい今の時代でも生き残れる才能を身につけたりすることができます。

 

子どもの自発的なやる気は、自ら集中力を上げることができ勉強や生活面でも良い方向へ進んでいきます。

 

最近の子どもはゲームに夢中になりますが、ただゲームが好きではもったいないとおもいませんか?

 

そこでテレビなどで紹介されている子どもむけのプログラミング教室などを子どもに見せてみるのはどうでしょう。

 

スポンサーリンク

 

教室では大人が思うようなコンピュータのプログラミングを勉強するのではなくゲームの作り方などを勉強しながら覚えていくので、普段飽きっぽい子ども何時間も集中できると評判です。

 

気がついたら、いつのまにかPCのキーボードも自然とタッチタイピングができていたこという子どももいます。

 

プログラミングは世界共通語ですから、覚えてしまえば世界での活躍も期待できます。
またプログラミングには英語も出てきますから簡単な単語も覚えてしまいます。

 

これからアプリの開発ができる能力は就職にも有利です。あなたのお子さんがゲームに夢中になってるときに「プログラミング教室」の話題を持ちかけたらどうでしょうか。

 

今は英会話より中国語!?

 

日本語の母音は”あ・い・う・え・お”の5個だけですが英語は15個もあり、中国語になると36個もあります。

 

中国語の発音や聞き取りは英語よりも難しいといいます。
ですが、聞き取る力の柔軟な子どものうちから中国語を覚えようとすると脳の発達にも大きな効果が期待できるそうです。

 

また、中国語を覚えたあとに英語を習うと簡単に思えるそうです。
発音も英語だけを習っている子よりもキレイに発音でき漢字も早く覚えてしまうそうです。

 

女の子にはハワイアンリトミックがおすすめです。

 

ハワイアンリトミックとは情操教育を目的に、ハワイのフラダンスをなじみやすくアレンジしたものです。ハワイアンミュージックの癒し効果で心身ともにリラックスすることができます。

 

ハワイアンリトミックでは、ハンドモーションと言って、自然の形や感情を頭で想像しながら手で表現していく形がありますがこれが脳の発達にとても良く。

 

また、ステップを踏みながら気持ちよく踊ることで、オキシトシンという幸せホルモンが出てきて、情緒豊かでストレスのない心身ともに健康な子に成長できます。

 

このようなハワイアンリトミックの教室では英語でのレッスンが多く自然と英語力がつくのも子どもにとっては能力を伸ばす最適な方法かも知れません。

 

世間でよくある習い事もいいですが、子どもの個性と可能性を引き出すには、あまり有名ではないマイナーな習い事もおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

関連ページ

簡単!集中力を伸ばす方法
子どもを伸ばす方法はとっても簡単にできるんです。その方法は今すぐに実行できます。
しつけより愛情
子どもを伸ばす方法はとっても簡単にできるんです。その方法は今すぐに実行できます。
子どもを自立させる3つの方法
子どもを自立させるための簡単な3つの方法を紹介します。
子どもとスポーツクラブ
子どもを伸ばす方法はとっても簡単にできるんです。その方法は今すぐに実行できます。