正しい子どもの名前のつけ方

正しい子どもの名前のつけ方

妊娠がわかった時に男の子だったら?女の子だったら?「どんな名前にしようか」と考えるのも大きな楽しみです。

 

おすすめしない名前のつけかた

 

意外とおおいのが有名キャラクターやママやパパが好きだったアイドルなどの芸能人の名前。将来、子どもに自分の名前を付けた時の理由を聞かれる日がきっときます。

 

そんな時「生まれた当時の有名キャラクターやママやパパが好きだったアイドルなどの芸能人の名前だったから」なんて言われた子どもは、「そんな理由で?」とガッカリするのは目に見えてます。けっして有名キャラクターや芸能人や有名人の名前を使わないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

読みにくい名前も止めたほうがいいでしょう

 

「愛翔」と書いて(まなと)と読ませたり「心愛」と書いて(ここあ)と読ませる。ただ、格好がいいとか可愛いなどの理由で子どもの名前をつけてしまうと他人も読み方をその都度、確認しなければいけませんし本人もいちいち説明するのも面倒です。

 

さらには「火星」と書いて(ジュピター)と読ませるなど、その子が80歳のおじいちゃんになった時のことを考えて子どもの名前を考えましょう。

 

他の人が読めない・子供が書けない難しすぎる漢字を使うことも止めましょう。

 

名前ランキングを参考にする

 

同じクラスに、同じ名前の子がいたりすることも最近ではよくあります。その時代に、はやっていた名前をつけたりすると名前がかぶったりして、けっこうめんどくさいのも事実。それぞれに違ったあだ名を付けて呼び分けることにもなります。

 

このような事態を避けるには名前ランキングを逆手に取って流行りそうな名前をあえて付けないようにするのもいいですね。

 

男の子ならパパ、女の子ならママが子どもの名前をつけると決める

 

パパもママも子どもにつけたい希望の名前がでてきますが、お互いに譲らず主張しあっては、せっかくの幸せな時間をムダにしてしまいます。こんなことにならないように男の子ならパパ女の子ならママが子どもの名前をつけると決めておいた方がいいですね。もちろん「男の子ならママ、女の子ならパパ」もありです。

スポンサーリンク

 

呼び方を決めてから漢字を当てはめる

 

子どもの名前を決める時、最初に呼んだ時の感じや、お友達からも呼びやすいニックネームを考えてから決める方法もあります。たとえば「大輔」(だいすけ)だと「だいちゃん」などと呼びやすさや覚えやすさも考えるようにしましょう。

 

おすすめしないけど姓名判断もあります

 

姓名判断は、はっきり言って統計的に幸せになれるかもしれない名前の付け方。必ず親の希望どうの子どもになれる保証はありません。

 

ただ、あとになって親類縁者などから何かとクレームを避けたいと考えるなら姓名判断で子どもの名前をつけるのもいいかもしれません。

関連ページ

泣けば許される子どもの気もち親の気もち
おもちゃ売り場でギャン泣きする子ども。そんなときあなたはどうしますか?強引に子どもを引きずって、その場から立ち去る?
子どもの夢?あなたの希望?
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもに注意できますか?
あなたは親として自分を理解してますか?
いくら言っても聞かない!
あなたは親として自分を理解してますか?
やさしい虐待してませんか?
暴力だけが虐待ではありません。「やさしい虐待」を知ってますか?
ひきこもりは父親に原因がある?
ひきこもりの原因と対策は難しいのでしょうか? いっしょになって考えてみましょう。
子どもに上手にあいさつをさせる方法
「あいさつ」は人として大事なコミュニケーションツールです。子どもにしつかり「あいさつ」をさせましょう。
散歩で子どもを伸ばす。
子どもと一緒の散歩で新しい発見があったりします。是非、子どもと散歩を楽しみましょう。
子どもの性格を伸ばす方法。
子どもの性格は生まれつきでしょうか? 人として最初に関わるのは親のあなたです。
手づかみで食べるのは子どもの特権!?
あなたは親として自分を理解してますか?
他人から「可愛い!」と言われる子どもは?
赤ちゃんと子どもの叱り方の違いは?
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもの「ぐずり」や「ギャン泣き」対処法はこれ!
あなたは親として自分を理解してますか?
塾や習い事教室のいじめ問題
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもに必要な睡眠時間は?
あなたは親として自分を理解してますか?
子供部屋を作る3つのポイント
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもの「あせも」対策
あなたは親として自分を理解してますか?
子供に腹ただしくなる反抗期、どうする?
子供の行動にときには腹ただしい感情を起こすことだってあります。ましてや子供の思春期ともなると子供は親の気持ちも理解せずに自分の都合で勝手なことをして親をイライラさせることもあります。こんな時の親としての対処法はこれでしょう。