塾や習い事教室のいじめ問題

塾や習い事教室のいじめ問題

子どもがいる家庭では学校での「いじめ」はさけて通ることのできない深刻な問題です。「いじめ」による痛ましい事件が、毎日のように報道されてますが、それらは氷山の一角にすぎません。

 

「いじめ」は学校だけの問題ではなく塾や習い事教室でもあるのが現実です。せっかく子どもが自分からやる気をおこし、通いはじめた塾や習い事教室で「いじめ」のせいで、好きではじめたことが嫌いな分野になってしまうと困ります。

 

スポンサーリンク

 

学校など「公」の場での「いじめ」は行政などの相談窓口がありますが塾や習い事教室では、塾や習い事教室の教師と子ども、親という狭い人間関係の中で利害が複雑化し第三者的な立場の人がいないため対応も難しくなります。

 

塾や習い事教室で「いじめ」がおきた場合には子どもの生命や身体の安全を守る必要のある塾や習い事教室側に加害者と被害者との間にたって解決策を考えてもらう必要があります。

 

しかし、塾や習い事教室に間(あいだ)に入ってもらっても「いじめ」の問題が解決しない場合は学校や地方公共団体、教育委員会などに相談す方法もあります。

 

「いじめ防止対策推進法」が防止しょうとしている「いじめ」は学校内でおこった「いじめ」だけを対象にはしていませんから加害者の子どもと被害者の子どもが同じ学区の学校に在籍していなくても相談に乗ってくれます。

 

「いじめ」によって塾や習い事教室を辞める場合は加害者側に対して損害賠償請求をすることもできます。もちろん加害者側の子どもに責任能力や支払い能力はありませんから加害者である子どもの監督義務者である親権者、つまり親が監督義務を十分しなかったとして、不法行為に基(もと)づく損害賠償請求ができます。

 

また、塾や習い事教室側にたいしても、子どもの生命や身体の安全を守るべき義務を怠(おこたった)ったとして不法行為または債務不履行に基づく損害賠償をすることもできます。

 

ここまでくると専門的な知識のある弁護士に相談に乗ってもらうことになり、高額な費用が必要になり大変です。

 

そうなる前に塾にしろ習い事教室に入る前に「いじめ」について、担当者に相談するなり調査をしたほうがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

関連ページ

泣けば許される子どもの気もち親の気もち
おもちゃ売り場でギャン泣きする子ども。そんなときあなたはどうしますか?強引に子どもを引きずって、その場から立ち去る?
子どもの夢?あなたの希望?
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもに注意できますか?
あなたは親として自分を理解してますか?
いくら言っても聞かない!
あなたは親として自分を理解してますか?
やさしい虐待してませんか?
暴力だけが虐待ではありません。「やさしい虐待」を知ってますか?
ひきこもりは父親に原因がある?
ひきこもりの原因と対策は難しいのでしょうか? いっしょになって考えてみましょう。
子どもに上手にあいさつをさせる方法
「あいさつ」は人として大事なコミュニケーションツールです。子どもにしつかり「あいさつ」をさせましょう。
散歩で子どもを伸ばす。
子どもと一緒の散歩で新しい発見があったりします。是非、子どもと散歩を楽しみましょう。
子どもの性格を伸ばす方法。
子どもの性格は生まれつきでしょうか? 人として最初に関わるのは親のあなたです。
手づかみで食べるのは子どもの特権!?
あなたは親として自分を理解してますか?
他人から「可愛い!」と言われる子どもは?
赤ちゃんと子どもの叱り方の違いは?
あなたは親として自分を理解してますか?
正しい子どもの名前のつけ方
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもの「ぐずり」や「ギャン泣き」対処法はこれ!
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもに必要な睡眠時間は?
あなたは親として自分を理解してますか?
子供部屋を作る3つのポイント
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもの「あせも」対策
あなたは親として自分を理解してますか?
子供に腹ただしくなる反抗期、どうする?
子供の行動にときには腹ただしい感情を起こすことだってあります。ましてや子供の思春期ともなると子供は親の気持ちも理解せずに自分の都合で勝手なことをして親をイライラさせることもあります。こんな時の親としての対処法はこれでしょう。