子どもの「あせも」対策

子どもの「あせも」対策

「あせも」って何?

 

「あせも」は汗の出口が詰まってしまい、汗腺が炎症を起こしてしまい、赤く小さなボツボツが皮膚の表面に出て「かゆみ」をともなうのが一般的な症状と言われています。

 

スポンサーリンク

 

特に汚れた手でかいたりすると、かいたところから細菌が入ってしまい「とびひ」となって広い範囲に拡大することもあり全身に移ってしまい治りにくくなるため油断は禁物です。

 

「あせも」の症状が軽いうちにケアをできればいいのですが、子どもに「かゆみ」を我慢させることは、かなり難しい話しです。

 

子どもにとって「あせも」は切っても切れない悩みの種。しかも、子どもの体は小さくても汗腺の数は大人と変わりません。新陳代謝が活発で、ジッとしていることが難しい子どもにとって「あせも」対策は必須ですね。

 

子どもの体に「あせも」ができないように予防することが何よりも大事です。
まずは、汗をかいたら絶対にそのままにしないで、こまめに汗を洗い流すこと。

 

スポンサーリンク

 

ここで、注意したいことはゴシゴシちからを入れて洗わず、子どもの薄く繊細な肌バリアを傷つけないように軽く洗い流すこと。

 

石鹸で体を洗う場合は1日に1回まで。石鹸は無添加のものを使うようにして、よく泡立てて、泡でなでるように洗ってください。

 

汗や風呂上がりの水滴などは、汚れを落とすいきおいでタオルなどでゴシゴシこするのは、絶対にダメ!

 

ポンポンとやさしく吸収するようにふき取ることが大事です。

 

出かけるときには「ぬれおしぼり」をカバンなどに、つねに入れておき汗をかいたら、こまめに拭き取るようにしたいですね。とくに「ひじ」や「ひざの裏」などは汗がたまりやすく、ここは特に注意してあげてください。

 

また、やわらかな保冷剤をガーゼタオルなどにくるみ、首に巻いてやると汗のベタベタがなくなり冷たく子どもには喜ばれます。

 

また、肌がとくに弱く汗に負けやすい子どもは、お風呂上がりに豆粒大のワセリンを全身に薄くのばして、肌バリヤを強くする方法もあります。

 

まだまだ、暑い夏は続きます。子どもの「あせも」対策。少しは参考になりましたか?

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

関連ページ

泣けば許される子どもの気もち親の気もち
おもちゃ売り場でギャン泣きする子ども。そんなときあなたはどうしますか?強引に子どもを引きずって、その場から立ち去る?
子どもの夢?あなたの希望?
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもに注意できますか?
あなたは親として自分を理解してますか?
いくら言っても聞かない!
あなたは親として自分を理解してますか?
やさしい虐待してませんか?
暴力だけが虐待ではありません。「やさしい虐待」を知ってますか?
ひきこもりは父親に原因がある?
ひきこもりの原因と対策は難しいのでしょうか? いっしょになって考えてみましょう。
子どもに上手にあいさつをさせる方法
「あいさつ」は人として大事なコミュニケーションツールです。子どもにしつかり「あいさつ」をさせましょう。
散歩で子どもを伸ばす。
子どもと一緒の散歩で新しい発見があったりします。是非、子どもと散歩を楽しみましょう。
子どもの性格を伸ばす方法。
子どもの性格は生まれつきでしょうか? 人として最初に関わるのは親のあなたです。
手づかみで食べるのは子どもの特権!?
あなたは親として自分を理解してますか?
他人から「可愛い!」と言われる子どもは?
赤ちゃんと子どもの叱り方の違いは?
あなたは親として自分を理解してますか?
正しい子どもの名前のつけ方
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもの「ぐずり」や「ギャン泣き」対処法はこれ!
あなたは親として自分を理解してますか?
塾や習い事教室のいじめ問題
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもに必要な睡眠時間は?
あなたは親として自分を理解してますか?
子供部屋を作る3つのポイント
あなたは親として自分を理解してますか?
子供に腹ただしくなる反抗期、どうする?
子供の行動にときには腹ただしい感情を起こすことだってあります。ましてや子供の思春期ともなると子供は親の気持ちも理解せずに自分の都合で勝手なことをして親をイライラさせることもあります。こんな時の親としての対処法はこれでしょう。