泣けば許される子どもの気もち親の気もち

泣けば許される子どもの気もち親の気もち

 

 

 

子どもは、どこで覚えたのか、それとも本能なのか泣けば買ってもらえる
泣けば自分の思い通りになるとところかまわずギャン泣きすることがあります。

 

 

泣きさえすれば自分の欲求が通る

 

 

どこで覚えたのか、子どもは泣きさえすれば自分の欲求が通ると思っています。

 

 

おもちゃ売り場の前で「これ!買って!」とだだをこねだしたら止まりません。
無理に手を引いてその場を離れようとすると座り込んで泣きまくる。

 

 

さらに、床に寝転んで泣きまくったりで、もう大変です。

 

 

他人の目が気になるし、周りに迷惑をかけてしまうのでなんとかしたいけど
おもちゃを買ってしまうと泣けば買ってくれると頭の中にインプットされ
その後も大変なことになります。

 

 

泣きさえすれ許されるは無視!

 

 

子どもが自分の欲求を通すために泣き出したら「無視」をすることが一番です。

 

 

「泣きさえすれば親は言うことを聞いてくれる」と学習してしまうと、子どもは次も
また次も泣いて自分の思い通りにさせようと泣きまくります。

 

 

そんな時は無視をしましょう。

 

 

他人の目が気になりますが、子どもも他人が周りにたくさんいる状況のほうが
親も困って自分の望みをかなえてくれると計算しています。

 

 

自分も子どもの頃、そんなふうに親を困らせた記憶はありませんか?

 

 

自宅で他人がいない状況では、親に怒られて誰もかばってくれる人がいないときは
だだをこねて泣いたりはしません。

 

 

周りに他人がいれば親も恥ずかしいこともあり、なんとか子どもを黙らせたい
気持ちが先にたち強引にその場から子どもを連れ去りたい気持ちはわかりますが
そこは自分も赤の他人になったつもりで無視をしましょう。

 

 

できれば親がその場を離れ、立ち去るくらいの気持ちも必要になるかもしれません。

 

 

これを繰り返せば子どももあきらめ泣く回数も少なくなり、自分でも泣いても何も
解決しないと学習します。

 

 

泣くよりも話せば親はわかってくれる。

 

 

ふだんから子どもと話しをする時間を多く作り、泣くよりも話せば親はわかってくれる
ものだと子どもに学ばせることが必要です。

 

 

その場合も親の要求ばかりを話すことはせずに、子どもの立場になって話しましょう。

 

 

「この子はなにをしてほしいいのか?」をいつも考えるようにしてあげるといいでしょう。
自分も子どもだったころがあるはずですから、子どもの気持ちは理解できるはずです。

 

 

親の気持ちだけを一方的に押しつけても言うことは聞いてくれません。

 

 

「どうして、これが欲しいの?」

 

 

「買った物は何に使いたいの?」

 

 

など、ひとつひとつ質問をしてみると、泣くのを止めて答えてくれることもあります。

 

 

泣いたから叱る

 

 

泣いたから怖い顔をする

 

 

泣いたから怒鳴る

 

 

これをやると逆効果になります。

 

 

いつも、子どもの立場になって考えるようにしてください。

関連ページ

子どもの夢?あなたの希望?
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもに注意できますか?
あなたは親として自分を理解してますか?
いくら言っても聞かない!
あなたは親として自分を理解してますか?
やさしい虐待してませんか?
暴力だけが虐待ではありません。「やさしい虐待」を知ってますか?
ひきこもりは父親に原因がある?
ひきこもりの原因と対策は難しいのでしょうか? いっしょになって考えてみましょう。
子どもに上手にあいさつをさせる方法
「あいさつ」は人として大事なコミュニケーションツールです。子どもにしつかり「あいさつ」をさせましょう。
散歩で子どもを伸ばす。
子どもと一緒の散歩で新しい発見があったりします。是非、子どもと散歩を楽しみましょう。
子どもの性格を伸ばす方法。
子どもの性格は生まれつきでしょうか? 人として最初に関わるのは親のあなたです。
手づかみで食べるのは子どもの特権!?
あなたは親として自分を理解してますか?
他人から「可愛い!」と言われる子どもは?
赤ちゃんと子どもの叱り方の違いは?
あなたは親として自分を理解してますか?
正しい子どもの名前のつけ方
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもの「ぐずり」や「ギャン泣き」対処法はこれ!
あなたは親として自分を理解してますか?
塾や習い事教室のいじめ問題
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもに必要な睡眠時間は?
あなたは親として自分を理解してますか?
子供部屋を作る3つのポイント
あなたは親として自分を理解してますか?
子どもの「あせも」対策
あなたは親として自分を理解してますか?
子供に腹ただしくなる反抗期、どうする?
子供の行動にときには腹ただしい感情を起こすことだってあります。ましてや子供の思春期ともなると子供は親の気持ちも理解せずに自分の都合で勝手なことをして親をイライラさせることもあります。こんな時の親としての対処法はこれでしょう。