簡単!集中力を伸ばす方法

簡単!集中力を伸ばす方法

これから紹介する集中力を伸ばす方法は子どもでも大人でも使える簡単な方法です。

 

道具はどこの家庭にも1個はあるキッチンタイマーを使います。
もちろんストップウオッチでも大丈夫です。

 

このタイマーを使い時間をきめて行動をさせるとタイマーが動いているあいだ
子どもは他のことを考えず集中して行動してます。

 

このとき大事なのは「ゲーム感覚」でやることです。

 

スポンサーリンク

 

着替えを何分でできるか?
後片付けを何分でできるか?
宿題を何分でできるか?

 

などタイマーを0(ゼロ)からスタートさせて時間をはかります。
つぎからは逆に時間をきめて何分以内で終わらせるなどのようにします。

 

宿題を何分までに終わらせる。
テレビもこの時間になったら終わり。

 

など、すべてを時間で管理する習慣をつけます。
とくに小さな子は「ゲーム感覚」でやらせると意外と喜んでやります。

 

大事なのは「ゲーム感覚」でやることです。
強制はダメ!です。

 

「ゲーム感覚」と言ってもあまりいそがせると「雑」になる子もいますから気をつけてください。
「雑」になる子はやめておきましょう。

 

さいしょは時間をおおめにセットします。
時間内にできたらほめてやります。

 

つぎからは少しずつ時間を短くしていきます。
こうやって何をするにも時間をきめて行動をする習慣をつけさせると
ダラダラと行動することがなくなり

 

子どもの集中力を伸ばすことができます。

 

このタイマーを使って時間をきめて行動をする習慣は大人になっても
十分に活用できます。

 

予定時間を見積もってから仕事を始めるようにすればムダに時間を浪費することも
なくなります。

 

また、仕事全体を見て各作業の時間をきめて、すすめれば今自分がどの辺にいるかも
わかります。これでエネルギーと集中力の配分もできます。

 

仕事中に少し疲れてきたと感じたら今から10分だけ休憩しようとタイマーをセットします。こうすれば、ダラダラと長く休んでしまうこともなくなります。

 

普段、時間を設定するときは15分きざみで設定すると使いやすいです。
15分を1セットとして行動します。

 

時間のかかる作業は15分を2個として30分で終わらせる。などのように使います。
仕事も15分きざみで計画をたて、これは15分まで。これは60分で終わらせると計画をたてます。

 

もちろん仕事以外でも時間をきめて行動をするように習慣をつけましょう。
最初に言ったように「ゲーム感覚」でやると長続きします。

 

子どもは時計やストップウオッチなどが大好きですから、お誕生日や何かの記念日にストップウオッチを買ってあげてください。

 

100円ショップでも売ってますし、これをきっかけに子どもの集中力を伸ばしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

関連ページ

しつけより愛情
子どもを伸ばす方法はとっても簡単にできるんです。その方法は今すぐに実行できます。
子どもを自立させる3つの方法
子どもを自立させるための簡単な3つの方法を紹介します。
子どもとスポーツクラブ
子どもを伸ばす方法はとっても簡単にできるんです。その方法は今すぐに実行できます。
個性的な習い事は子どもを伸ばす。
子どもを伸ばす方法はとっても簡単にできるんです。その方法は今すぐに実行できます。