子どもを自立させる3つの方法

子どもを自立させる簡単な3つの方法

自分の大事な子どもには幸せになってほしいと願うのはどこの親でもおなじです。
親はどこにいても子どもを心配してます。

 

なかには面接に親がついてくるという話しも聞きます。
大事にしすぎて過保護になるのは危険です。

 

将来、自分自身では何もできない子になってしまっては困ります。
そこで子どもを自立させる簡単な3つの方法を紹介します。

 

食事中はテレビを消しましょう。

 

スポンサーリンク

 

1つ屋根の下で家族全員が顔を合わせることができる時間と言ったら
食事の時間ではないでしょうか?

 

お父さんの残業や子どもの部活や塾などで家族全員がそろえない家庭も増えてますが
週末など家族全員で食事ができるようならテレビは消しましょう。
そうすることで親子のコミュニケーション量がかくだんに増えます。

 

食事をしながら子どもがやりたがっていることや、悩み。最近の学校の様子などを
聞くようにします。

 

話をしている様子を見て子どもの言葉づかいや伝え方なども観察することもでき
子どもの成長も確認することができます。

 

また、自分の意見を自分の言葉で人に伝えることは子どもを自立させる力を高めます。

 

もちろんお父さんやお母さんの最近のできごとなども話題にすると親子関係が近づくこともできます。
とくにお父さんはブラックボックスみたいなところがあるので、おすすめです。

 

まちがっても刑事ドラマのような取り調べにならないように気をつけてください。

 

家族旅行は子どもに計画をたてさせる。

 

ただ単にどこへ行きたい。ではなく子どもだけで目的地、目的地までの交通機関や宿泊施設。
途中の観光スポットなどの情報や予算まで調べさせるようにします。

 

天気がいいならこの観光地、もし天気が悪かったらこの場所へ変更や、家族全員が楽しめる場所や
お父さんやお母さんの喜びそうな場所などを細かく計画をたてさせます。

 

そすることで、その旅行に責任がもて、この責任をもつことで子どもの成長や自立する
チャンスを増やすことができます。

 

家庭内バイトをさせ小遣いをやめる。

 

子どもの自立と金銭感覚を身につけさせるために小遣い制をやめて代わりに家庭内でアルバイをさせます。

 

今では家庭に1台はパソコンがある時代ですから、この作業を業者に依頼したらいくら請求がくる?

 

などを調べさせ子どもが業者なみに仕事ができたら業者と同じバイト代を子どもに払います。

 

そうすることで仕事に対する価値観や働いて報酬を手に入れる難しさを身につけさせます。
お父さんやお母さんの苦労もわかってもらえそうです。

 

けっしてブラックバイトにならないように気をつけてください。

 

こういった経験をさせることで、子どもは楽しみながら、いろいろなことを学び成長をし
自立する力を身につけてくれます。

 

あしたからと言わず今日から実行してみませんか。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

関連ページ

簡単!集中力を伸ばす方法
子どもを伸ばす方法はとっても簡単にできるんです。その方法は今すぐに実行できます。
しつけより愛情
子どもを伸ばす方法はとっても簡単にできるんです。その方法は今すぐに実行できます。
子どもとスポーツクラブ
子どもを伸ばす方法はとっても簡単にできるんです。その方法は今すぐに実行できます。
個性的な習い事は子どもを伸ばす。
子どもを伸ばす方法はとっても簡単にできるんです。その方法は今すぐに実行できます。