身長を伸ばす簡単な5つの方法

身長を伸ばす簡単な5つの方法

夜9時までには寝る
部屋は暗くして静かな環境をつくる。
ストレスをためない。
寝る前は食べない。
朝は太陽の光をあびる。

 

この5つの簡単な方法で子どもの身長を伸ばすことができます。
簡単ですよね!

 

スポンサーリンク

 

この身長を伸ばす簡単な5つの方法はストレス社会を生きる大人でも活用できる
世間でもよく言われる原則なようなものです。

 

成長期では、栄養と睡眠だけでは身長は伸びません。
子どもの身長を伸ばすためには成長ホルモンをきちんと分泌させることです。

 

この成長ホルモンは深い睡眠をとることで分泌されます。
夜22時から朝2時までに分泌されるといいます。

 

寝不足だったり質の悪い睡眠をしていると成長ホルモンの分泌が少なくなります。
少ない成長ホルモンでは身長をのばすことは難しくなります。

 

またストレスをためると子どもの身長を伸ばせません。

 

学校から宿題が出され帰るとすぐに塾へ行くような生活をしていると子どもにはたくさんのストレスがたまります。

 

ストレスがたまると体や神経に悪い影響があることはわかっています。
そこでホルモンバランスがくずれて身長を伸ばすためのホルモンが出なくなります。

 

「寝る子は育つ」と言います、。睡眠をとることでストレスを解消してくれます。
睡眠には身長を伸ばすために必要な成長ホルモンの分泌を助ける働きもあります。

 

睡眠前にゲームをしたりテレビを見てベットに入っても脳は興奮状態で眠れなかったり
睡眠中でも成長ホルモンが期待どおりに働いてくれないことがあります。

 

育ちざかりの子どもには睡眠をとることは、とても大切なことです。

 

ここでも、子どもだけに「はやく寝なさい!」と言ってはダメ!です。
親が見本をみせて早く寝るようにしましょう。

 

スポンサーリンク

関連ページ

子どもの身長はもう伸びない?
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 でも諦める必要はありません。
身長を伸ばすための必要な栄養素は?
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 あなたの子どもにあった方法を紹介します。
適度な運動が身長を伸ばす。
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 あなたの子どもにあった方法を紹介します。
愛情が身長を伸ばす。
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 あなたの子どもにあった方法を紹介します。
子どもの身長をサプリメントで伸ばす!?
子どもの身長の伸び方には個人差があります。 あなたの子どもにあった方法を紹介します。